ひとりで歩けるネチケット

ネチケット

ネチケットは別に法律でも何でもありません。では守らなくても良いのかと言うと、そうでもありません。快適にネット上で人とやり取りをする上では必要不可欠な存在と言えましょう。

ネチケットと言う言葉を知らない、自分は大丈夫と思っている人や自信が無い人もここでネチケットについて再確認してみましょう。 ただ、ネチケットの漠然とした定義は存在しません。

故に、ここで説明する事が完全に正しいとも言い切れないと言う点を頭に入れておいて下さい。

ネチケットって?

パソコン

ネチケットとは、ネットワークエチケットを略した言葉です。ネットマナーと言う言葉でも知られており、ネットをする上で最低限守るべき事、一般常識 と言える事を指します。至極当たり前の事なのですが、自分では気付かない内にネチケットを守っていない人も少なくありません。現実に人と接しているのでは なく、ネット上と言う顔の見えないやり取りと言うものは意外と難しいものなのです。

「初心者だから」「子供だから」ネチケット は分からない(守れない)、と言う言い訳は好ましくありません。それらを言い訳にすれば何をしても、またはどんなミスをしても許される訳ではありません。 反面、最初は誰しもが初心者です。よく読んでも間違ってしまうかもしれません。それならそれで構いません(良くは無いですが)、間違いをおかしたなら次か らしっかり守る事が重要です。

間違ってしまったからそのままと言うよりは間違いに気が付いてしっかりとあやまり、次から正しく行える様にする方が良いですから。

ネチケットの必要性

日常社会の中で、私達は大勢の人と接して生活しています。そんな中、円滑にコミュニケーションを取る為の最小限のルールやマナーがいくつか存在しま す。これがなければ、たちまち混乱を招き、社会は上手く起動していかなくなる可能性があります。

インターネットにおいてもそれは同様です。自宅にいながら 行う事が出来ますので自覚は薄いですが、実際に他者と交流しているには変わりありません。ネット上のものも紛れもなく現実で行われている事なのです。掲示 板やチャット、メール・・・これらは直接的ではありませんが人とやり取りしているのは確かですよね。故に、インターネット上でも現実と同じ様にルールやマ ナーが必要なのです。

更に、相手と面する日常とは違い、相手と顔を合わせず文字だけで会話をする事からネチケットが重要になる 原因の一つです。普段のコミュニケーションであれば、相手の顔色や声で心境などを少なからず判断出来ます。しかしネット上では相手の顔が見えない、つまり その人を判断するのは文字による内容・言葉遣いだけなのです。普段であれば問題が無い事を言っても、ネット上では悪く捕らえられる可能性も否定し切れませ ん。

基本的なネチケット

マウス

難しく考えてしまいそうになりますが、一般的に基本的な事ばかりなので難しい事はありません。半角カナ文字や機種依存文字を使わないと言うのは常識とも言えるので、大半の人は暗黙の了解と考えています。

何故これらが駄目なのかというと、必ずではありませんが制御コード等の問題で文字化けしてしまうからです。後は個人情報が出てしまうこと(自分だけでなく他人についても他人)は避ける、著作権を守る、ある程度礼儀正しい言葉遣いや文章を心掛けると言った程度でしょうか。普段の生活のネットワーク版と考えれば早いでしょう。

要は最低限のマナーさえ守れば問題はありません。

著作権の定義

パソコン

著作権の基本的なマナーの一つですが、普通に守れていない人が多く見られます。ブログを見れば守れていない人がかなり多いのではないかと思う位です。

著作権とは、簡単に言うとそれを生み出した人、例えばアーティストの人が作った歌などを勝手にコピーして発表や配布をする事を指します。歌詞や歌詞の意味、コードのコピーは勿論、ジャケットなども対象です。

配布しなければ良いと勘違いしている人もいますが、自分のHPやブログ、掲示板に乗せる事も著作権問題の対象です。ライブなどで撮影した写真もNG、人気曲を自分で着歌や着メロを作って載せるのも駄目なのです。

かなり多く見られるパターンでゲームの画面を載せている人もいますが、これも当然ダメです。コピーより直接的ではないにせよ、許可なく他人の商品などを勝手に利用しているには変わりありません。自分の持ち物でも人から借りたものでも、違いはありません。

思っているよりも著作権については厳しくなっている様です。 ただし、著作権の定義は明確にされておらず、その定義を決めるのは著作権を持った本人とされています。非常に厳しいものでは曲の替え歌を作って載せた、または自分で有名なキャラクターを描いて載せたと言う間接的なものでもアウトです。確実に守る為には、それに関わるものを公表・配布しない事が最も有効な手段です。

ネチケットの中でも、これは法律で定められていますので、必ず守る様にしましょう。


▲ ページの上部に戻る