ひとりで歩けるネチケット

掲示板管理者のネチケット

自分でタグ打ちして作ったもの、ブログの様な無料自動作成タイプのもの、どんな形のHPにせよ自分のサイトに掲示板を設置する人は多いですね。

同じ様な趣味の人と交流出来るものですが、人と接する以上最低限TPOは必要です。その為にネチケットは存在するのですが、残念な事に理解していない人、無視してい る人も多く存在します。そう言う人が自分の掲示板に現れないとは限りません。

来た場合には管理者が何らかの対策を練らなくてはなりません。同時に、管理者自体がネチケットを守れていない場合も存在します。ここで管理者として最低限のネチケットを確認しましょう。

掲示板のネチケット

注意事項を決める

自分が止めて欲しいと思う事(顔文字など)、これを行えば削除しますよ、などあらかじめ記載しておくと後で問題があった時に楽になります。ただし、あまりに自分勝手な注意事項を決めると逆に荒らしの原因になりかねませんので注意しましょう。

書き込んだ人はレスを望む場合も少なくありませんので、交流掲示板などでレスをしない場合は「管理人はレスをしません」など一言記載しておきましょう。「レスまだですか?」などと言う困った人を防ぐのに必要不可欠です。

書き込みの強制をしない

時々いらっしゃる「訪問された方は必ずカキコして下さい!」と言う管理人さん。掲示板を設置した以上、書き込みされるのが嬉しい気持ちは理解出来ますが強制される方は正直鬱陶しいです。

もしかしたら、たまたま辿り着いただけの人なのかもしれません。それに、万が一に良いHPだと感じても、そう強制されては来る気が失せる人だっています。書き込みされたいと少しでも思うのなら、書き込みをしたい!と思っている様なサイト作りを目指した方が確実です。

著作権に注意

アイコン掲示板と言うものがありますが、それに使用されるアイコンの著作権には特に注意が必要です。

自分で動物や人物を描いたと言うのなら殆ど問題ありませんが、元々存在するアニメなどのキャラクターのものは気をつけなくてはなりません。素材集サイトに行けば無料のアイコンは沢山存在しますが、これらの中には著作権を完全に無視して作られているものもあります。

好きなアーティストや雑誌の画像を取り込んで作ったものも、当然著作権の侵害です。自分で作ったものではない、と言う言い訳は通じません。アイコン掲示板を設置する際はよく考えて行いましょう。

後は画像を使用する際に直リンクするサーバー泣かせの人が結構多いので注意して下さい。直リンクって何?と言う方は下を参照。

直リンクとは

パソコン

素材サイトを見て、気に入ったものがあった場合どうしていますか?右クリックをしてからプロパティを選ぶとその画像のURLが出ますが、それをそのまま打ち込んでいませんか?それが直リンクです、立派なネチケット違反と考えられます。直リンク可能と書かれている場所以外であればすぐに止めて下さい。 サーバーに大変負担が掛かるからです。

ちなみにこのサーバーとは自分のサイトではなく素材サイトの方です。自分のサイトの観覧者が増えれば増えるほど、直リンクした素材サイトのサーバーに掛かる負担も大きくなります。重くなるのは当たり前、最悪サーバーダウンする恐れもあります。自分一人なら大した負担にはならない、などと考えず相手の事も考えましょう。自分のサイトではなく相手のサイトに迷惑をかけるのは最悪です。アップロード出来ない場合など様々な事情があるケースもありますが、それはあくまで自分の都合です。

素材を持ち帰るには、素材の上で右クリック→名前をつけて〜を選んでパソコンに保存した後に自身のサイトでアップロードするのが正しい方法です。また、これ以外にもURLを記載した時に「http:〜」とhを 抜かずに書く場合なども指します。

いずれにせよ、相手のサイトに少なからず迷惑をかける行為に繋がりかねませんので、許可されている場合を除いて直リンクは避けて下さい。

コラム〜荒しなどで掲示板を管理できなくなったら

パソコン

何度も何度も迷惑な書き込みを行う人はいます。悪意が無い人が相手でも、何度も繰り返すようであれば荒らしと変わりません。

本当にちゃんと反省して規約などをしっかり読めばそう何度も過ちは起こさないはずです。そう言った人や荒しとも言える書き込みは、管理者だけでなく他の観覧者にとっても気分の良いものはありません。禁止する度にHNを変えてくる人もいるので、正直手に負えなくなって放置したくなるのも分かります。そのままにしておく位なら、暫くの間 でも掲示板を外してみた方が良いかもしれませんね。

困ったさんはともかく、荒しの人には結構効果的です。どんなにネチケットの重要性を訴えても聞かない人は聞きませんので、まともに相手にするだけ時間の無駄です。


▲ ページの上部に戻る