ひとりで歩けるネチケット

ブログのネチケット

大きな流行を招いたブログ。最も多い時期には1秒に1個ブログが開設されていたと言う驚異的なスピードで増え続けていました。

その勢いには届かないものの、現在もブログは増え続けており、デザインやシステムも凝ったものが登場しています。反面、数が多くなると言う事はそれだけトラブルや問題も増える事であり、現にブログでのトラブル数は決して少なくありません。

ブログとは

ブログ

web(ウェブ)rog(ログ)の略称、携帯で更新できるブログはモブログ(モバイルログの略)で知られています。

ネット上で簡単に日記を公表したり、意見を交換・議論する事が可能で日本では2002年頃から普及し始め、現在では数千万を越すブロガーが運営しています。アフィリエイト狙いの人、企業なども乗り出して今が最盛期を迎えます。

元はアメリカから誕生したもので、今は中国でも大きな流行を招いています。一種の社会的な地位を確立しつつあるブログですが、誰でも簡単に作れると言う性質上様々なトラブルを巻き起こす事件も勃発しています。

その為、必要最低限のネチケットが求められ続けいるのですが、流行のピークと予想される今年になっても様々なトラブルは発生し、ネチケットが浸透しきっていないと言う事態を招いています。

ブログにおけるネチケットの必要性

比較的記憶の新しい2004年某所、小学6年生の女の子が学校で同じ学年の子にカッターで切りつけたと言う最悪の事件を覚えているでしょうか。この事件にはブログ内でのトラブルが発展して事件に及んだと言うもので、一時期大きな話題を呼びました。どう言ったトラブルかは分かりませんが、ブログと言う性質が少なからず要因になっているのではないかと考えられています。

困った女性

ブログの主な用途は日記、日記と普段の会話では口にする事が無い事を書いてしまいやすい傾向にあります。内容は自身や他人の秘密事、他人に対する批判など様々ですが、それが火種となって口論になるケースも少なくありません。ましてや、それが普段から付き合いがある人であれば尚更です。

ブログとは日記であると同時に、他人に広く公表されているものでもあるのです。誰が見るかも分かりません、もしかしたら身近の人が知らず知らずの内に見る事だって充分に考えられるのです。それを理解しない為にこう言ったトラブルは発生するのです。

他人に対する批判などはネチケットでは初歩の事です。しかし初歩の事を守るか守らないかだけでもネット上の雰囲気は大きく変わってきます。

少し舞台は変わるだけで、人と接すると言う点は普段と全く同じなのです。その為、ブログだけではなくネット上ではネチケットが強く要求されるのです。

ブログでのネチケット

書く内容

パソコンと女性

日記を書く人が多いですが、日記以外にも考えや意見を述べるなど様々な場に使えます。ただし、人の批判や中傷を書けば上記で話した様な事にも発展しかねません。本当に誰にも見られたくない事なら普通の日記やミクシィに書くべきです。「誰かが見る」この事を考慮して書きましょう。その点にさえ注意すれば、自作の小説や詩など内容については特に問題は無いはずです。勿論、法律や道徳に反する様な程度に限りますが。

画像がアップロード出来るブログであれば、自作のイラストを載せている人もいます。ただし、アーティストの写真や歌詞は著作権に引っかかりますので自重して下さい。

厳しい所になると、人気キャラクターを自分で模写したものでも禁止されているので充分注意する必要があります。

禁止文字など

半角カナ文字、機種依存文字が禁止なのはもうお約束ですね。

ギャル文字や2ch文字は好き嫌いがあるものの、掲示板やチャットとは違いますので自由に使っても構いません。ただし、偶然通りかかった人が不快にならない程度に使用を留めた方が訪問する人は増えるかもしれませんね。

たまたま訪問してギャル文字 (や顔文字など)だらけだったら即帰りたくなる人もいる事を頭に入れておいて下さい。

トラックバック(TB)

ブログ特有のコンテンツ、違う人のブログ内の記事で参考(または同じ記事を書いた)にした際に相手に「参照させて貰いました」と知らせるものを言います。簡単に言うと相手の記事から自分の記事のページに来てもらえる様にリンクを張るシステムです。

コミュニケーションの幅を広げるのに役立つ反面、アクセス狙いの人などによるスパムを始めとした様々な問題も起きています。自分をスパムと思われたくなければ、同じ様な話題について記事をしているかなど確認の上で行います。念を押したいのならコメントに一言報告しておく方がマナー的には良いと思われます。

更にトラックバックについて詳しく知りたい方は「管理人のネチケット」のページを参照。

コラム〜色々なブログを見てまわる

パソコンと女性

簡単にいくつか説明しましたが、具体的なネチケットがハッキリと分からない人もいるでしょう。他のページを見てもピンと来ない場合は色々なサイトを見て回ると大体分かってきます。

アクセスランキングは基準にならないので、ランダムに見てみた方が良いかもしれません。こういう事を書いても良いのだ、こう言う風にトラックバックしているかなど自然と理解出来るでしょう。

基本は普段同様、相手の事を考えて行動する事が重要だと言う事を忘れないで下さい。


▲ ページの上部に戻る