ひとりで歩けるネチケット

ブログ利用者のネチケット

会員になっていなくても、簡単に見る事が出来るブログ。今や一般人だけでなく芸能人まで開設している程メジャーな存在になっています。

1千万人を超えるブログ利用者が存在する今、適当に検索をかけるだけで数百件、数千件とHITします。それだけ多くの人がブログを運営していますので、中には共感したり面白いと感じるものもあります。

コメントを貰えれば管理されている方にとっても喜ばしい事のはずですが、最近はブログ人口の増加に比例してマナーの悪い人も多く存在します。年齢をたてに「難しいから〜」と考えるのは一番タチの悪いパターンです。実生活においても、若ければ何をしても許される訳ではないのと同じ事です。

ネット上で行動する以上は自己責任を持ち、ネチケットを考慮して行動する事が大切なのです。

コメントをする際のネチケット

名前を入力する必要は?

パソコン

必ず名前入力欄がありますので、そこにHNや本名を入れます。掲示板などとは違って名前を入れない人も結構います。匿名でコメントしたい人は入れなくても問題ありません。ただし、知らない人でも匿名よりは名前を名乗ってもらった方が管理されている方からすると安心出来ます。

知っている人のブログにコメントする場合には匿名では「誰?」となるだけですので、必要な場合に応じて決めましょう。ただし、複数のHNを使うのは混乱を招くだけですので変わったら変わったと報告して下さい。

メールアドレスやURL欄

名前以上に入れる必要はありません。知り合いの方や来て欲しいと言う人なら入れても良いかもしれません。

ただし、メールアドレスを入力すると、他者にも見られてしまう場所もあるので注意しましょう。

宣伝は避ける

パソコンと女性

「私のサイトに来てください(以下URL)」挨拶も無しにこれだけ書かれていたら大抵の人は良い気分じゃないですよね。

ブログは元々掲示板などに比べ、宣伝許可をしている人は多くありません。良くて放置か削除、悪ければアクセス禁止対象です。最近ではアフィリエイト関係の為かトラックバックスパムが多くてピリピリしている人も多いので、特に注意すべきでしょう。

仲が良くて「作ってみましたので、宜しければ見てみて下さい」や相互リンクをしていて「URL変わりました(以下略)」などはおそらく大丈夫でしょう。あくまで「仲が良い」相手に限るものですので、人によっては避けた方が無難です。

送信ボタンは1回

時間的にサーバーが重かったりすると、一度送信ボタンを押してもすぐに反映されないケースがあります。つい何度も押したくなるかもしれませんが、後で何件も同じコメントが投稿されていたと言う事態になりかねません。しかも、大抵の場合は掲示板と違ってパスワードがついていないので自分でコメントを消せない場合も多いです。

非常に迷惑な行為になってしまいます。重くても仕方ないと妥協し、送信されるまでそのままにしておきましょう。重いと感じているのは自分一人ではないのですから。

著作権についてのネチケット

パソコン

遊びに来たブログに、可愛らしいイラストなど気に入った作品があったとします。自分のサイトに飾ろうと持ち帰ったりしていませんよね。していたら泥棒と同じです。人聞きが悪いと思うかもしれませんが、著作権と言うものは人の作品全体を指すものでありそれを勝手に加工・配布する事は認められていません。

有名な作品のものでなく、一般の人が作ったものに対しても同様なのです。自分が楽しむ分には構わないと言う場所もありますが、基本的に自分の作品を勝手に持ち帰られて気分の良い人はいません。どんなに親しい人でも「持ち帰って良いですか?」など相手の返答を待ってから行って下さい。

最も、仲が良い人相手でもあまりそう言う風に好ましくありません。極力避ける方向でいくべきでしょう、初対面で「下さい」なんて言おうものなら一発でアクセス拒否にされる可能性も。

コラム〜人のブログ内で他の人と揉めない

管理者と利用者・・ではなく、利用者同士がブログ内で揉めている場面が時々見られます。

揉める内容は様々ですが、大抵は記事の内容についての議論、荒らし、管理者への批判で占められています。利用者の方は良かれと思って行っているかもしれませんが、管理者からすると両方迷惑です。

理由は何にせよ、その人達が揉めている所為で周りの人や管理されている方が嫌な思いをしているのは変わりません。お邪魔したお宅で揉めているのと同じです、その家(管理者)の人には迷惑以外の何ものでもないですね。熱くなりすぎないで穏便にいきましょう。どうしても揉めるなら自分のサイトで行って下さい。荒らしなら放置しておけば良いのです。

現に管理されている方もスルーしていると思いますから。


▲ ページの上部に戻る