ひとりで歩けるネチケット

チャットのネチケット

すぐに返事が来るので、実際の会話の様にコミュニケーションを行えるのがチャットの魅力です。文字でやり取りをする従来のチャット以外にも、絵を描ける「絵チャ(お絵かきチャット)」や音声でやり取りを行える「ボイスチャット」など様々です。

容易に出来る為に高い人気を誇りますが、それだけ掲示板などと同様にネチケットを問われます。

チャットとは

パソコン

掲示板同様に文字(チャットの種類によっては絵も)を書きこんで行うネット上コミュニケーション法の一種。ただし、掲示板との大きな違いは、リアルタイムで会話が可能な点です。

掲示板であれば、画面がそのままでは書き込みがあっても更新しなければ新しく投稿やレスされた事は分かりません。しかし、チャットは投稿された文字がすぐに反映されるのでスムーズに会話を楽しむ事が出来るのです。

非常に便利なものですが、その一方で難点もいくつか存在し、会話が早く進む事からネチケットもおろそかになってしまう場合は少なくありません。

チャットにおけるネチケットの必要性

同じ様に人との会話を楽しむ掲示板に比べ、チャット上でネチケットがおろそかになる原因は利点とも言えるリアルタイムでスムーズな会話が出来る事が考えられます。

パソコン

掲示板はチャットと違って急いで書き込まなくてはならない、と言う訳ではありません。しかし、チャットは自分以外の人間もその時に書き込んでいる為どんどん会話が流れていってしまいます。その為、人は早く書き込もうとしてしまう傾向があります。

どうしても少なからず時間を置く掲示板に比べると熱くなってしまったり、つい不用意な発言をしてしまいやすくなります。故に喧嘩や揉め事もエスカレートしやすくなる可能性が高いのです。

だからこそ、通常よりもよりネチケットを強く意識する事が重要なのです。

チャット内でのネチケット

個人情報を安易に漏らさない

カード

会話が盛り上がると個人の情報もアッサリ漏らしてしまう人がいます。しかし、そこから家を割り出されて被害にあったりと危険な思いをする人もいるのです。

キャッシュカードもパスワードが無くても現金を引き下ろせる様になる方法がありますので、油断していると後で大変な事態を引き起こす事も考えられます。

チャットに限らず、これは人と交流する全ての場所で言える事です。勿論、全部の人がそう言う人とは言いません。しかし、その人の判断をするのは文字だけと言う困難な状況で、この人なら絶対大丈夫とは言い切れません。

どんなに仲が良くなった人でも、大丈夫と安易に判断しない様にして下さい。ネット上で自分の身を守るのは自分自身です。

無意味な発言は控える

チャットの中には、発言数によってランキングがつけられているものもあります。ランキング上位になっても特に何も無いのですが、妙にこだわる人は無駄に発言を繰り返します。本人は良くても周りにするとかなり迷惑な行為です。一歩間違えば荒らしと考えられても仕方ありません。

そもそも会話を楽しむ為に来ているのですから、何しにきているんだ!とつまみ出される可能性も。

規約を読んでいてもここを見逃す人も少なくなく、20分台で投稿して注意される人を目にする機会があります。本人的にはそう言うつもりが無くても、第三者にはあまりに短いと「手抜き」と取られる場合もあるのです。

規約で何も記載されていなくても、他の投稿者に比べて極端に短いと言うパターンは避けた方が良いかもしれません。

空気を読む

実際の生活でもそうですが、その場の空気と言うものがあります。一人だけタメ口だったり、他の人が盛り上がっている所に全然違う話題を挙げたりなど空気の読めない発言をする人も結構います。人の悪口などを延々とするのも空気が悪くなります。たった一人の所為で楽しい場所に気まずい空気が漂ってしまう事もよくあります。

普段、人と会話をする時は他人の事も考えて話題を選んでいますよね。チャットも同様です、自分のしたい話だけしていても他の人は面白く無いと言う事を理解しましょう。

ログを読む

途中で入ってきた人で「何話していたんですか?」と聞く人、一見問題無さそうに思えますが不快に思う人もいます。何故なら、チャットはログが出ていますから話しかけなくても今までの会話が分かるのです。

聞く位良いのでは?と思うかもしれませんが、普段話をしている最中に声を掛けられた拍子に、少し会話がしらけた事ありませんか?それと同じ事です、折角楽しくお話しているのですから下手に水を差さない様にしたいものです。

コラム〜内輪話

パソコン

「今日○○だったね」「そう言えば、○○が〜」とその人達だけしか分からない様な内容の会話をする人を結構見かけます。これは本人達だけは楽しいかもしれませんが、他の人に対して結構失礼かもしれません。

会話が分からないから入り込めない、かと言って他の話をするのも少し気が引けてしまうものです。制限をかけていて全員が内輪話に参加出来る人なら別ですが、それ以外の人がいる以上そう言った話は避けるべきです。

チャットは皆で楽しく会話をする場所なのですから。どうしてもそう言う話をしたければメールなり専用のチャットを借りてきて話しましょう。そう言った内輪話をしている中、それに参加できない人が「落ちます」と言って帰った場合、間違いなく大なり小なり不快な思いをされています。


▲ ページの上部に戻る