ひとりで歩けるネチケット

メールのネチケット

簡単に行える分、深く考えずに行っているメール。

携帯とPCでもやり取りが可能な大変便利な通信手段ですが、最低限のネチケットを覚えておかないと相手に迷惑をかける可能性もあります。

メールとは

パソコン

ネット上で行う通信手段、主に電気の符号を用いてメッセージのやり取りを行う仕組みのものを指します。プロバイダのものだけでなく、現在はフリーメールも簡単に習得が可能なのでパソコンユーザーの大半が使用しています。

人と簡単にやり取りを行えるメールですが、使い方を間違えると相手に不快な思いをさせたり、多大な迷惑をかける可能性もあるのです。

その為に、ネチケットと言うものがユーザーに対して問われてくるのです。

メールにおけるネチケットの必要性

相手と直に対面している普段であれば、言葉遣いの他に声のトーン、顔色で相手の心境を少なからず察知する事は出来ますね。しかし、メールはあくまで文字だけでのやり取りです。それ故に、相手の事を考慮した内容も考えなくてはなりません。

パソコン

ちょっとした冗談であっても文章だけではそれが伝わりにくいのです。自分は良かれと思っても、相手も人間で感じ方や考え方は違うのですから不快に感じる可能性もあるのです。相手の事を考える、これは日常生活でも言える事です。ネット上かそうじゃないかの差だけで、人を相手にしているのは変わらないのですから。

相手にメールをする以上、そのメールは自分だけでなく相手にも何らかの影響を与えるかもしれません。チェーンメールなどが良い例です。自分一人が好き勝手にして言い道理はありません。ネット上においても、普段同様にいくつかのマナーがなければ円滑なコミュニケーションが難しくなるだけでなく、混乱を招く可能性もあるのです。ネチケットが必要なのはそういう理由です。

人と関わる以上、どんな場所であってもマナーは必要なのです。

メールのネチケット

件名と挨拶

初対面・知り合いどちらの場合にしても、急に用件に入らず挨拶をしますよね。メールも同様です。特に初対面の方は尚更です。件名も入っていない・知らない人であれば中身を見ないで消去する人も少なくありません。

ウイルスの問題を考えれば、当然とも言える行為ですので相手を責めたりは出来ませんね。

文章と禁止文字

当然ながら半角カナ文字や機種依存文字の使用は不可。2ちゃんねる語やギャル文字は相手を考慮して使用しましょう。嫌う人も少なくないので。仲が良い相手も使ってくるようであれば構わないと思います。

初対面の方であれば使用は避けた方が賢明です。言葉遣いは敬語で対応しましょう。全引用は避け、数行だけ抜粋して使用します。

改行はしすぎると逆効果ですので、数行おき程度を目安に行いましょう。

添付ファイルについて

パソコン

画像やファイルを相手に送る事が出来る便利な機能ですが、中には読み込むソフトが入っていないと見られないパターンもあります。

相手に送る際には、事前に相手が添付ファイルを読めるか確認を取っておきましょう。必ず中のファイル名を記入し、極端な要領の物を送らない事が重要です。重すぎると受信するのに大変時間が掛かります。

受け取る側の場合、知らない相手からの添付ファイルはウイルスの可能性が高いので絶対に開封は避けて下さい。

ウイルスに注意

インターネットをしている以上、様々なHPを訪れます。その中にウイルスに掛かっているサイトが無いとは言い切れません。ウイルスに掛かるとデータを破壊されたり、個人情報が流出したりと良い事は全くありません。

少しでもウイルスの危険を避ける為に、ウイルスバスターなどのソフトを入れておき、常日頃から心当たりの無いメールなどは開かない様にしましょう。特に添付ファイルは危険度が高く、開くだけであっと言う間にウイルスに掛かるケースもありますので要注意です。これは携帯からのメールも例外ではありません。怪しいと思ったら消去してしまいましょう。

コラム〜チェーンメールに注意

パソコン

「○○人に同じメールを送らないと不幸になります」系や噂系のチェーンメール。一度は受け取った事がある人が多いでしょう。こうしたメールを受け取った人が一斉に送信し、またそれを受け取った人が送信する事でサーバーのシステムダウンに繋がる危険性が生じます。それらを受け取った人は「自分が不幸になったら」「怖いから」と言って相手に送りつける人が殆どでしょうが、受け取った方も同じ様な気持ちになる事が理解出来ていますか?中には脅迫じみた文章もありますので、不安に思う気持ちも分からなくも在りませんが大半はデタラメです。何もないと言う事を理解し、メールは送らず消去して下さい。

また、中には不幸の手紙系統以外の内容が記されているケースも存在します。「○○頭の犬が処分されてしまいますので〜」と言った善意的なメールを受け取った事が無いでしょうか。内容は異なりますが、これも不幸系のチェーンメール同様に人に送ってはいけません。

何故?と疑問に思うかもしれませんが、サーバーに負担が掛かると言う点は変わりません。ましてや善意的なものである分、通常のチェーンメールよりも送信しようと試みる人は遥かに多いのです。

少なからず罪悪感を覚えるかもしれませんが、ここは割り切る事が重要です。誰か一人でも止めれば、それだけ世の中に回るチェーンメールは減るのですから。


▲ ページの上部に戻る