ひとりで歩けるネチケット

携帯電話からPCへのメールネチケット

自分がパソコンを持っていないから、もしくは相手が携帯を持っていないなどの理由で携帯からPCへとメールを送る人も少なくは無いですよね。それ以外にも送る理由はあるでしょうが、特に何も考えず使っている人は自分が全く問題無いと言う自信がありますか?

もしそうでなければ、ここで携帯からPCへとメールを送る場合のネチケットを再確認してみましょう。携帯から携帯へ送るのとは訳が違うと言う事を絶えず頭に入れておきましょう。

携帯電話から送る際のネチケット

禁止文字

携帯電話

絵文字の使用は全面的に禁止です。理由は簡単、表示されないからです。

PCのソフトで絵文字を表示出来る様になるものもありますが、相手がそれをダウンロードしているとは限りません。素直に使わない方向でいきましょう。

PCから送る際と同様、半角カナ文字や機種依存文字の使用も避けましょう。

件名や名前を忘れずに

これらがしっかり記載されていないと、警戒してすぐに破棄してしまう人も少なくありません。

件名は簡潔に、名前はHNならHN、本名なら本名と言った様に相手が分かるもの(相手が知り合いの場合)を使わないと相手も混乱しますので気をつけましょう。

チェーンメールを送らない

携帯電話

メール版の不幸の手紙的な存在であるチェーンメール。そのまま放置する人も多いのですが、中には不安に感じて他の人に送ってしまう人もいます。

チェーンメールが蔓延するとサーバーへの大きな負担になり、でたらめな情報が出回って混乱を招く事態にもなりかねないのです。自分がこうなったら嫌だから・・と相手に送ると言う事は、その受け取った相手も同じ様に嫌な思いをすると言う事を忘れてはいけません。

「〜の血液型の人を探しています」と言った、一見迷惑そうではないメールであってもサーバーに大きな負担をかけるチェーンメールと変わりませんので注意しましょう。自分が良かれと思って送っても、それが他の人にとっても良い事とは限らないのです。

返事を急かさない

携帯はいつでも・・とは言いませんが、比較的にすぐメールなどを確認が出来ます。しかし、PCは常に立ち上げている訳ではないのですぐに確認出来る訳ではありません。状況によっては、数日後、又はそれ以降に初めて確認出来るのかもしれません。

また、仮に立ち上げている時に送信しても、サーバーの問題で遅れて届く場合も少なくありません。急ぎの用には不向きな連絡手段です。

PCへ届かない場合

携帯電話

送ったのに返信が全く来ない、または届いていないと言われるケースもあります。

返信が来ない原因は本人が何らかの理由で返していない、時間差などが考えられます。届いていない場合は時間差の他に、相手が携帯電話のアドレスからのメールを受信拒否している可能性が大きいです。そのままでは何度送っても同じですので、事前に相手の方に拒否設定になっていれば解除して貰うなどして対処をお願いしましょう。こう言ったケースは少なくはないので、知っている人であっても初めて送る場合は相手に「携帯から送ります」と言う事を事前に告げておくと良いかもしれません。

特に添付ファイルを送る場合は、先に送っても良いかなど確認しておきましょう。

コラム〜携帯電話からのウイルスに注意

メールによるウイルスと言うと、PC同士だけと思っている人もいるかもしれません。しかし、携帯からPCへ送る際にもウイルス感染するケースも少なからず存在するのです。

仮に感染していたとしても動作に異常が表れない事も多いので、その事に気が付かない場合も非常に多いです。PCに比べると携帯電話はセキュリティ面に劣っており完全に防ぐ方法は未確立ですが、添付ファイルを付属しない、不用意に色々なサイト(特に個人の作ったもの)を見ない方が安全でしょう。

通常通り、PCの方は怪しいメールを開いたりしない事が現時点での最善策と言えます。


▲ ページの上部に戻る